二つの相場分析手法

FXの取引きにおいて、為替相場の予測に用いられる分析の手法は、「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」の二つに大きく分けられています。
この二つには、それぞれ違った用途目的があり、この二つの分析手法を用いることによって、為替相場の様相やレートの変動などの予測の精度を上げることができます。

テクニカル分析は、為替相場の直接的な値動きを予測していく事を目的としています。
予測の期間としては短期から中期的な予測が多く、また過去の為替相場の値やその動きをデータとし、その数値を計算式に当てはめて指標化したり、値動きを視覚化して図表にし、それを見て、直近の為替レートの変動や値動きの転換期などを探っていきます。

ファンダメンタル分析は、外国為替市場の包括的な動きを観察し予測していく事を目的としています。
予測の期間としては、長期から中期的な予測が多く、それぞれ通貨とそれを発行している国や地域の経済状況や政治動向に注目し、近隣諸国や関連国との関係性、自然災害、テロ、戦争、相場に参加している投資家などの売買心理などを読み解いていきながら、その通貨価値の変動を予測し、全体的な動きや通貨や資産の流れなどを探っていきます。

こうしたことから、テクニカル分析は短い期間の細かな値動きを、数値的、技術的、機械的に予測していくものであり、ファンダメンタル分析は長い期間の全体の動向を、鮮度が高く、濃度の濃い情報を、常に大量に取り込んで読み解いていくものになります。

これらの二つの分析手法を同時に用いていく事により、ファンタメンタル分析で投資を行うのに有利な時期や状況を策定し、テクニカル分析でその注文の開始や決済のタイミングなどを図って取引を行っていくのです。

プロの投資家のセミナーなどでは、ファンダメンタル分析による解説が取り上げられることが多いですが、これは、ファンダメンタル分析に対してテクニカル分析が劣っている、という事ではありません。

テクニカル分析は、数値の変動を予測していく技法、技術であり、セミナーなどには不向きで、多くは分析方法の解説と使用の際のケーススタディの説明になるため、それほど価値がなく人も集まらないのです。

これに対して、ファンダメンタル分析は、現在に世界で起こっている経済の状況の説明、そのまま投資取引の現場に生かせる価値のある生の情報になりますので、テクニカル分析を取り上げたものより、投資家の関心が高いのです。

短期的なトレード

短期的なトレードを何度か繰り返すことでも、FXではリスクのコントロールをすることが可能になります。

長期的に買い等のポジションを持っているFXの投資家はいますが、為替相場が急に予想をしていない動きをするケースがあるため、安全性の高いトレードをしたい時はレバレッジを数倍等にしてできだけ低くする必要があります。

常的にFXをしている投資家の方々はデイトレードをしたり、スキャルピングをすることで利鞘をとることが可能です。